8月公開例会「柏崎名古屋横断ウルトラクイズDX」


2023年8月5日(土)に8月公開例会「柏崎名古屋横断ウルトラクイズDX」を開催いたしました! 当日は、柏崎青年工業クラブの皆様、公益社団法人名古屋青年会議所の皆様、国土交通省 観光庁の清水様、公益社団法人日本青年会議所北陸信越地区新潟ブロック協議会の皆様にご参加いただきました。 講師として、昨年度、DX推進委員会を設け地域企業のDX推進に携わってきた公益社団法人名古屋青年会議所様より、株式会社中山ピーオーピーセンター代表取締役社長 水谷浩輔先輩、株式会社セールスフォースジャパン 日野雅晃君にお越しいただきました。 今回の例会のテーマは、DXの推進と他団体との交流です。 DXについて、まずは私たちが面白そう、やってみたいと心が動くようなDXのクイズ大会を行いました。さらにクイズ大会は、各団体混合のチーム対抗戦としました。 参加された皆様からは、「DXについて社業に持ち帰ってみようと思う。」「楽しく学べた。」「今後も交流していきましょう。」など温かいお言葉を頂戴しました。他団体の皆さまと今後もこの縁を繋いでいきたいと思います。 ご参加いただきました皆様、誠にありがとうございました。 今後とも一般社団法人柏崎青年会議所をよろしくお願いいたします。

7月例会「3か年の大団円、ぎおん柏崎まつり」


2023年7月25日(火)、柏崎市東本町2丁目~ニコニコ通り~西本町1丁目におきまして「3か年の大団円、ぎおん柏崎まつり(7月例会)」がおこなわれました。

 

ご参加いただきました方々は、柏崎青年会議所シニアクラブ様、2020・2021・2022年度ご卒業生、JCI長岡様、入会候補者、現役メンバーです。総勢50名以上の方よりご参加いただきました。

 

今年度は4年ぶりの開催でした。参加チーム数が減少傾向を見せるなか、柏崎青年会議所といたしましても担ぎ手の不足が懸念されておりました。また、3年間開催されていなかったことで会員内の経験者が希少な存在となっておりました。ですが現役メンバーのみならず、歴代木頭の先輩方から神輿を担ぐ意味や想いを引き継ぐことなどアドバイスを多分にいただいたことや、多くのJC関係者よりご参加いただいたことにより、人数不足を感じさせない大所帯で実施することが出来ました。本当にありがとうございました。

 

本番当日は御嶽山神社様よりお祓いをしていただき、八坂神社様に酒樽を奉納しました。両神社の関係者の皆様におかれましては、誠に貴重な経験をさせていただきありがとうございました。

 

18:00のスタートでは、伝統の掛け声とともに神輿をあおりました。一旦あおりを終えますと、近接する観客の方々より大きな拍手を頂きました。気持ちの良いご声援、誠にありがとうございました。さらに、大勢の方より過分なるご祝儀をいただきましたこと、心よりお礼申し上げます。誠にありがとうございました。最後まで途切れることなく盛り上がりを見せたまま、柏崎青年会議所の熱い神輿は終了しました。また、事故やケガなく無事に終了することが出来ました。

 

ぎおん柏崎まつりの歴史は古く、八坂神社発祥のおまつりとされております。ただ盛り上げるだけの祭りではなく、今後も奉納行事として、そして八坂神社公式の御神輿として盛大に担いでいきたいと思います。

 

この例会に携わっていただきました皆様、設えていただきましたぎおん柏崎まつり協賛会の皆様に厚く、熱く感謝申し上げまして、ご報告とさせていただきます。

 

担当:(一社)柏崎青年会議所 持続可能な組織拡大委員長 兼 2023年度木頭 渡邉 浩太

6月公開例会「はじめてのおかいものin柏崎〜勇気をもって挑戦しよう」


6月25日(日)6月公開例会「はじめてのおかいものin柏崎〜勇気をもって挑戦しよう」を開催いたしました。 柏崎、刈羽の小学1年生を対象に子ども達が1人でお買い物に挑戦し、その様子を当会員がスマートフォンで撮影、家族の方とリアルタイムで繋ぎました。 また保存用の撮影も同時に行い、購入した商品を使った料理と家族が写った写真を送っていただいた方に動画のプレゼントを予定しております。 買い物前の緊張した表情の子ども達、買い物をスタートすると一生懸命商品を探していました。また商品が見つからない時は、おたすけ係に扮した当会員にしっかり聞く事もでき、無事商品を購入できた時は子ども達は自信に満ちた表情をしていました。 一方、見守るご家族も画面越しに笑顔で応援していました。 親子が再会した時には感極まり涙する親御さんもいらっしゃり、そんな姿に当会員も感動をいただきました。 子どもの自立と親子の絆がテーマの公開例会でしたが皆様方のご理解、ご協力により滞りなく終えることができました。 今回会場をご提供していただきました、柏崎市ショッピングモールフォンジェ様、ピアレマートフォンジェ店様ご協力ありがとございました。 私達、柏崎青年会議所は今後も地域貢献、地域の発展の為に活動してまいります。

(一社)新発田青年会議所 創立65周年記念式典、祝賀会


6月18日(日) (一社)新発田青年会議所の創立65周年記念式典、祝賀会に参加して参りました。 記念式典では、来賓挨拶、歴代理事長への感謝状の贈呈等、厳粛な雰囲気で行われ、話の中で新発田の歴史について学ぶ事ができました。 また、記念式典、祝賀会後にはメンバーみんなで温泉に入ったり、温泉街を散歩したりと新発田の地を堪能してきました。

第1回新入会員育成勉強会


2023年6月29日(木)に第1回新入会員育成勉強会を行いました。

今回の勉強会は、


・新入会員のモチベーションを上げ、JCを好きになるきっかけを作る。


・既存会員との交流の場にする。


ということを目的として開催されました。
勉強会では、公益社団法人日本青年会議所 北陸信越地区新潟ブロック協議会 2023年度共創の組織拡大委員会が作成した「速習!JCのキホン」を視聴し、メンバー講話では平川理事長、岸専務からJCに入会したきっかけ、入会してよかったこと、意識の変化等、 お話ししていただきました。
新入会員に限らず、既存会員も新たな気づきを得る貴重な時間となりました。

第2回の勉強会は、9月頃に開催を予定しています。
新入会員のみなさんが、更にモチベーションを上がるような内容にしていきたいと思います。

第1回柏崎刈羽地域若手経営者等勉強会


6月26日(月)、経済産業省 資源エネルギー庁様による、第1回柏崎刈羽地域若手経営者等勉強会が開催されました。 講演では、『福島第一原子力発電所の処理水の状況について』というテーマで、現在の福島第一原子力発電所に関する取り組みについて、オンサイト関係、オフサイト関係両面からのご説明いただき、福島第一原子力発電所の事故後の対応や、福島県の復興の現状について、改めて理解を深めることができました。 懇親会も開催され、ざっくばらんにお話をする貴重な機会を持つことができました。今後もエネルギーに関する勉強会等に積極的に参加し、知見を深めてまいります。

佐渡青年会議所 創立50周年記念式典、祝賀会


6月10日(土) 佐渡青年会議所様の創立50周年記念式典、祝賀会に参加しました。記念式典では、佐渡市内の高校生による佐渡おけさのオープニングアクトに始まり、来賓挨拶、歴代理事長への感謝状の贈呈等、厳粛な雰囲気で行われました。 記念祝賀会では、北沢浮遊選鉱場跡という、歴史的価値のある施設の中で開催されました。記念祝賀会では、アトラクションとして、鬼太鼓の演奏が行われるなど、佐渡らしさを感じる体験をすることができました。 記念式典、祝賀会に参加することで、佐渡青年会議所様の、諸先輩方への感謝を感じ、我々としても感激することができました。 また、記念式典、祝賀会の合間に、佐渡のカフェで食事をしたり、世界遺産登録を目指す佐渡金山を観光したりするなど、1日を通じて、佐渡島の魅力を体感することができました。  

「 第 50 回 NBC 会員交流野球・ソフトボール大会 in 新潟 」


2023年6月4日(日)、阿賀野川河川公園運動広場ほか2球場におきまして「第50回NBC会員交流野球・ソフトボール大会in新潟」がJCI新潟様の主管にて開催されました。今年は野球10チーム、ソフトボール6チームが参加し、スポーツを通して交流しました。

JCI柏崎におきましては、2021年、2022年と野球で連続優勝しており、今年度は3連覇がかかっておりました。結果は決勝戦において、延長タイブレークまで持ち込み6対3で主管であるJCI新潟様に惜敗し準優勝となりました。野球参加の複数チームからマークされ、選手も寡兵であり厳しい戦いを突き進みましたが、最後は力尽きました。中でも今年度卒業生の内2名は、初優勝の時からレギュラーメンバーであり、有終の美を飾ることが出来ず誠に無念でありました。それでも最後のアウトが決まるまで、選手たちは負傷しながらも鬼気迫るプレーを連発し、応援の方々は全員真っ赤に日焼けし喉を潰しながら激励し続け、参加者全員が満身創痍でありながら最後まであきらめることはありませんでした。

惜しくも3連覇は逃しましたが、また頂点へ帰ってくることを強く決心し1日が終了しました。今後もJCI柏崎の野球熱は冷めることなく、さらなる躍進を持続可能なものとしてまいります。引率いたしました我々としまして、野球を通じて入会をご希望していただきましたら更なる喜びにございます。今後ともJCI柏崎の野球をどうかお見逃しないようお願いを申し上げます。

 

『第50回NBC会員交流野球・ソフトボール大会in新潟』概要

 日時:前夜祭 2023年6月3日(土) 18:30~(新潟ジョイア・ミーア)

当 日 2023年6月4日(日) 7:00~17:30

 場所:阿賀野川河川公園運動広場 ほか2球場

 主管:一般社団法人新潟青年会議所 様

 対象:新潟ブロック地区各LOM

    (野球出場10チーム、ソフトボール出場6チーム)

 JCI柏崎引率:持続可能な組織拡大委員会

・7:00~  受付開始

・7:30~  開会式

・8:30~  競技開始

・17:25~ 閉会式

 

【JCI柏崎今大会戦績】

〇一回戦 11-3 対JCI新発田(南浜運動公園)

〇二回戦 4-2  対JCI上越(南浜運動公園)

〇準決勝 9-2  対JCI長岡(津島屋運動公園広場)

  • 決 勝 3-6  対JCI新潟(阿賀野川河川公園運動広場)※延長タイブレーク

5月公開例会「地方の虎!若き力で切り開こう!未来の地方都市」


2023年5月18日に柏崎市産業文化会館にて5月公開例会「地方の虎!若き力で切り開こう!未来の地方都市」を開催いたしました。 当日は柏崎市内大学生及び専門学生と共に柏崎刈羽地域の人口減少緩和に向けた移住定住をテーマにグループワーク&プレゼンテーションを実施しました。各グループ活発に意見交換しており、事後アンケートや当日の様子を見ていると参加者の皆様及び当会議所メンバーにとっても、とても貴重な接点であり多くの学びある時間であったと感じております。 また評価者として柏崎市移住定住推進パートナーチームよりリーダーの間島博英様、サブリーダー杤堀佳倫様、十日町市にて移住コンシェルジュとして活躍していらっしゃる滝沢梢様の以上3名と柏崎市元気発信課職員様をお招きし、一つ一つの移住定住案に対して適切にフィードバックいただきました。 ご参加頂きました参加者及び関係者の皆様、誠にありがとうございました。 今後人口減少問題はどこの地域でも該当してくる問題になりますが、この街に住む人々が今回のように常に考え行動していれば街は進化し続け、その魅力に引き付けられ、また人口は戻ってくると信じております。 今回検討した移住定住案を元に今後は行動を起こしていけるよう取り組んでまいります。

柏崎刈羽原子力発電所見学会


2023年5月20日、東京電力ホールディングス株式会社様のご協力のもと、柏崎刈羽原子力発電所見学会を開催いたしました。柏崎刈羽原子力発電所の概要や発電の仕組みについてご説明をいただき、通常は立ち入ることのできない運転訓練施設や原子力発電所構内の各種施設等を見学しました。 また、柏崎刈羽原子力発電所長 稲垣様にもお越しいただき、意見交換を行いました。当会議所にて開催した、4月例会「現代エネルギーゼミ~原子力発電所との共存のために~」にて稲垣所長よりご講演いただいた原子力発電所の取り組み等を踏まえて発電所に関連する施設を見学することで、仕組みや安全対策について、より深く理解することができました。原子力発電所が立地する地域で活動する団体として、より一層エネルギーに関する理解を深めてまいります。 今回の見学では、見附青年会議所様の大湊理事長、地域想造委員会 星野副委員長よりお越しいただきました。この場を借りて御礼申し上げるとともに、見附青年会議所様におかれましても、本見学会が今後の事業等の一助となれば幸いです。